環境問題の解決方法は個人の意識改革から - 科学まとめ

環境問題の解決方法は個人の意識改革から

自然(環境)環境
スポンサーリンク

環境問題を考える重要さ

環境問題は年々深刻さを増しており、各国で大きな問題となっていることは多くの方が認識しているはずです。特に問題となっているのが地球温暖化になります。

地球温暖化は気温が高くなるだけでなく、異常気象が多発させていますし、自然環境の変化に伴う生態系への影響など今すぐに解決しなければいけないことが多くあります。

ニュースでも見聞きする機会が確実に増えていていますが、今のところ改善する見込みがないのが現状です。

このまま進行してしまえば、未来の人たちに大きな負担をかけることは明らかです。

解決方法は?

解決方法はいくつか考えられますが、まずは一人ひとりの意識改革から始めることが必要になります。誰かがやってくれるという人任せな考えは捨てて、自分から環境問題を解決するためのアクションを取るようにすることが必要です。

一人ではどうにもならないと考えているかもしれませんが、たくさんの人たちの考えが変われば大きな力になるので、個人の意識改革でも一定の効果が期待できます。

ゴミがなるべく出ないような商品を購入したり、車ではなく公共交通機関を利用する、エアコンの設定温度を低くするなど個人でも行えることがたくさんあります。


そして、国レベルで環境問題に対して適切なアプローチを取ることも必須です。

個人の行動でも一定の効果が期待できますが、限度があります。地球温暖化などの問題を止めるためには、国が主導して行うことが最も有効です。

企業活動も維持する必要があるため難しい判断をしないといけませんが、未来のための決断であることを国民に訴えれば理解してもらえます。

日本で主に行われている対策としては太陽光発電が挙げられます。

しかし、自然エネルギーだけに頼るのはリスクが高いです。氷河期みたいになってしまった場合、電気が使えなくなってしまいます。また、太陽光発電は将来的には使えるかもしれませんが、今のところ課題(自然破壊につながることなど)が多くあるので、他の解決方法を実戦するべきです。

ガソリン車をなくし、なるべくハイブリッド車以上にすることが高い効果が期待できます。

日本は車社会なので、若い人から高齢者まで多くの人が利用しています。車は二酸化炭素を多く排出し、地球温暖化の大きな原因になっています。

なので、このまま放置するべきではありません。

ハイブリッド車や電気自動車にすることで、二酸化炭素の排出量を大きく抑えることが可能です。

今は電気自動車の技術も進歩しているので、将来的にはほとんどの自動車が電気自動車になる可能性もあります。

最後に

環境問題は未来の人たちが解決するべき問題ではなく、今生きている人たちが解決するべき問題です。

一人一人の小さな努力がこの問題を解決する力になることを忘れないようにすることが重要です。

以下の記事では、海洋プラスチックについて解説しています。

タイトルとURLをコピーしました